白真少年野球部教室 休憩時間

この休憩時間は
スポーツ障害「野球肘/スローイングエルボー」
についての知識習得です。
野球する事で発症する"野球肘"という障害につてい、
その何故や、メカニズム、予防方法を学びます。

野球肘(やきゅうひじ スローイングエルボー)とは?
 少年野球においては頻繁に耳にするスポーツ障害で、病理学的には「肘関節内顆炎(ちゅうかんせつないかえん)」といい、10才〜16才の第2次成長期に過度の投球(投的)を行う事が原因で発症する、肘内側の炎症、軟部組織の(筋・腱・靭帯)損傷、骨端部の欠損等の総称です。

【発症】※個人差はありますが下記の通り
・投球動作の不備
・握力の低下
・前腕部筋群のはりと疲労
・筋力(握力)を超えた投球数(オーバーワーク)

【予後】※個人差はありますが下記の通り
・投球の停止(期間はCase By Case)
・患部のアイシング
・前腕部のストレッチとマッサージ
・筋力(握力)を超えた投球数(オーバーワーク)

【予防】
・握力の強化
・痛みの有無に関係なくアイシングを行う
・痛みの有無に関係なく前腕部のストレッチとマッサージを行う

※発症のメカニズム【図参照】
まず投球動作における力の発生伝導を確認する。
下半身の横移動の力が上半身に連動して上半身のねじれの力と合わさる。
この2つの力が上肢(腕)の回転運動に強い遠心力を与えることとなる。この遠心力こそが投球における重要な力となる。遠心力が強くなるほど投球のコントロールをするための握力が必要になり、それがないと投球は、俗に言う"すっぽ抜け"という状態になる。
何らかの要因で投球者の握力が遠心力に耐えられなくなると"すっぽ抜け"を防ごうとする作用、意識が働く、これにより肘が下がるという現象が発生する。
すなわち、上肢の回転半径を肩〜指先だったものを、肘を下げることで肘を起点とし、上肢回転半径を肘〜指先へと短くすることで遠心力を小さくし、握力とのバランスを調整することにより"すっぽ抜け"を防いでしまう。
この時点で、本来の回転機能を持たない肘は、かなりのストレスを受けるばかりか、下半身の横移動の力と上半身のねじれの力も肘に集中してしまう。
これら要因により「スローイングエルボー」を発症してしまう。

投球概要図 肘関節概要図

BACK HOMEへ